ストレスが原因の場合も|酷い頭痛は我慢しないで病院で診察を受けよう

酷い頭痛は我慢しないで病院で診察を受けよう

ウーマン

ストレスが原因の場合も

女性

原因不明の場合

原因がわからない症状に悩んでいる方は、多いといわれています。例えば、肩こりや腰痛、頭痛などです。これらは、外的要因などが原因と考えることが多いかと思います。しかし、ストレスが原因だったという方もたくさんおられるのです。ストレスを取り除くことによって、腰痛などが治ったという方もいます。外科や内科などに行って治療を受けても症状が改善しない場合は、総合病院で調べてもらったり、精神科や心療内科に行ってみるのも良いかもしれません。また、日本人の4人に1人は頭痛持ちという説もあります。原因はさまざまで、症状もそれぞれ違うのです。片頭痛や緊張型頭痛、群発頭痛があります。この片頭痛や緊張型頭痛は、ストレスが原因の場合が少なくありません。治療をしても治らない場合には、他の病院に行ってみるのもひとつの手段です。最近では、セカンドオピニオンも主流となりつつあります。合わない治療を長く続けていても、時間やお金の無駄になりかねません。一方で精神科などで処方される安定剤を飲んだら症状が改善したという方もおられます。

きちんと治療をしましょう

うつ病が原因で、頭痛になってしまうことがあります。また、睡眠障害などで睡眠不足になってしまうと、頭痛になるという方も多いようです。逆に頭痛が改善しないことが原因で、うつ病になってしまうという方もいます。このように、ひとつの症状が原因で、さまざまな病気などを引き起こしてしまうこともあるのです。それを防ぐには、やはり早めの治療が重要となります。最近では、頭痛外来もあります。しかしまだ普及しておらず、近くにはないという方が多いかと思います。原因を突き止めたい場合には、やはり精神科なども候補に上げるのが望ましいといえます。また、頭痛が続くからといって市販のお薬を使い続けるのは良くありません。やはり、病院で処方してもらったお薬のほうが、より安心だといえます。頭痛は特に女性に多いといわれています。また月経や更年期などが原因の場合もあります。月経前症候群や更年期障害などの治療を行うことで、症状が改善することもあるのです。市販薬に頼らず、病院に行ってみましょう。